【販売個数が見えるせどりツール!】拡張機能モノゾンの使い方をご紹介!

2020/05/16
【販売個数が見えるせどりツール!】拡張機能モノゾンの使い方をご紹介!
齋藤 もとき

この記事を書いている人

齋藤 もとき

せどりビジネスのコンサルタント。コンサル生の中には、専業なら月商8,000万円、副業なら月商3,000万円、主婦の方で月商1,000万円など、圧倒的な数字を叩き出すまでに成長する。

> 詳しいプロフィールはこちら

どうも!齋藤もときです。
突然ですが皆さんは、
「モノゾン」という
拡張機能をご存知でしょうか?
 
モノゾンは、
Amazonで売れている商品の販売個数を
正確に調べることが出来る拡張機能です。

 
せどりをやっている方は
何度か経験があると思いますが
モノレートで
高回転の商品をリサーチしていると
ランキングの折れ線が集中して、
その商品が月に何個売れているのかを
正確に判断する事が出来ません。

 
しかし、
こういった場合にモノゾンを導入する事で、
何個仕入れることが適切なのか、などを
正確に判断することができるのです。
 
今回の記事では、
このモノゾンについて
詳しい使い方や見方などを
詳しく解説していきます。

 

齋藤もとき
販売個数は商品の仕入れ個数の目安になりますので、
モノゾンを合わせて活用していきましょう。

 

モノゾンとは?どんなときに使えるの?

モノゾンとは?どんなときに使えるの?
 
せどりのリサーチで
モノレートのグラフを見ている時に、
その商品が具体的に何個売れているのか分からない
新品と中古それぞれいくつ売れているのか?
具体的な数字で見たい。
 
そう思ったことはありませんか?
 

 
このように
回転率がそこまで高くなく、
ランキングもそれほど高くない商品でしたら、
グラフのギザギザの数を数えれば
販売個数を把握することが出来ます。

 
ですが、高回転の売れ筋商品ですと、
上の画像の様にギザギザが密着していて
正確な折れ線の数を
把握する事が出来ません。

 
1日に何十個も売れる商品だったり、
まとめ買いがあたり前な食品ジャンル等では、
グラフの折れ線のみで
正確な販売個数を把握するのは困難です。
 
また、モノレート では、
3ヶ月の間で売れた商品数を表示してくれますが、
1ヶ月や2ヶ月でいくつ売れているのかといった
情報は確認する事が出来ません。
 
しかし、そういったケースに役立つのが、
モノレートのグラフを数値化して
表示してくれる「モノゾン」
です。
 
このモノゾンは
Google Chromeにインストールして
使用する拡張機能で、
 
インターネットに繋げるPCさえあれば、どこでも利用する事が出来ます。
 
Internet Explolarや、
FireFoxでは利用する事が出来ませんので、
現在FireFox等を利用されている方は、
Google Chromeを導入するようにして下さいね。
 

モノゾンのインストール方法


モノゾンはいかに便利な拡張機能か
理解することができましたか?
 
以下では
せどりになくてはならない拡張機能
「モノゾン」のインストール方法を
詳しく紹介します。
 

モノゾンを検索


まずはGoogleのウェブストアから
「モノゾン」を検索してください。
リンク先アイコンモノゾンのインストールはこちら >
 

モノゾンをインストール


画面を開くと
「右上にChromeに追加」
という項目がありますので、
そこをクリックしてください。
 

モノゾンの追加


続いてポップアップで、
「追加しますか」と表示されるので、
その画面が表示されたら、
「拡張機能を追加」を選択します。
 
選択後に、先程は
「Chromeに追加」となっていたのが、
「Chromeに追加済み」と変わっていれば
インストールは完了です。
 

 

モノゾンの使い方

モノゾンの使い方
それでは早速、
実際の商品情報ページを使って、
モノゾンの使い方や
見方を解説していきたいと思います。
 

モノゾンで読み取れる「具体的な販売数」と注意点


モノゾンでは上の画像のように
以下の3つの項目を
モノレート上で瞬時に
確認できるようになります。

  • ・過去1ヶ月目販売数
  • ・過去2ヶ月目販売数
  • ・過去3ヶ月目販売数
  • ・平均月間販売数
  • ・3か月合計販売数

しかし、注意しなければならないのは
この数字はあくまで、
ランキング変動に基づいた予測の数量
だということです。
 
食品や洗剤などの日用品は、
1度に複数購入される場合もあるので
完璧なデータという訳ではありませんが
商品の売れ行きの目安にはなります。
 
そのため、
グラフのみの状態よりも、売れ行きという面で予想を立てやすくなります。
 
これを利用することで
今までは在庫を抱える事を恐れて
複数個仕入れられなかった
商品があったとしても
 
適切な仕入れ個数が分かるようになる為、
仕入れ数を増やして
利益を上げられる可能性が生まれます。

 

アプリ版モノゾンの利用方法

アプリ版モノゾンの利用方法
モノゾンはPC版だけでなく、スマホ用にも用意されています。
 
スマホ用は、実際に店舗で確認することができるので
とても便利です。

 
まだダウンロードしていない方は
ダウンロードしておきましょう。

「モノゾン」アプリのインストール

 

アプリ版モノゾンの使い方

アプリを開くと、
ASINの入力画面に移ります。
 

アプリ版モノゾンの使い方

赤い四角で囲った部分にASINを打ち込む事で、
商品の販売数を確認する事が出来ます。
 

ASINが分からない場合でも、
画面下部がモノレートのページになっていますので、
こちらから検索を行うことも出来ます。
 
使い方はとても簡単です。
店舗仕入れ等で販売個数を確認したい時には、
アプリ版を活用していきましょう。

 

モノゾン PROについて

モノゾンの有料版モノゾンPROについて
モノゾン は
無料の拡張機能となっていますが、
有料版であるモノゾン PRO
という上位版も存在します。
有料版のモノゾンPROでは
過去に売れた商品の販売個数は勿論の事

  • 現在のカート価格を表示
  • 販売時の粗利を表示
  • 直近1ヶ月の平均価格の表示
  • 売れた価格帯から、最高値、最安値、平均価格を表示
  • 平均販売価格とカート価格から、価格高騰の商品かどうかの判断

といった機能を兼ね備えています。
無料版でも十分な機能を持っているモノゾン ですが、
もし上記の機能が欲しいと思った方は、
モノゾン PROの導入も検討してみて下さい。
 
リンク先アイコンモノゾン PROはこちらら >
 

モノゾンを利用する上での注意点

モノゾンを利用する上での注意点
さて、リサーチを効率化できる
便利なモノゾンですが、
冒頭で述べた通り、表示される販売個数が
100%正確という訳ではありません。
 
商品によっては、実際の販売個数の
約3分の1程度の数値が表示されることもあります。
 
これはモノゾンがバグを起こしている訳ではなく、
モノレート側に原因があるからです。
 
モノレートによって、
モノゾンが影響を受けてしまう理由には、
 
Amazonのデータをモノレートは完璧に取得出来ていない
モノゾンは、モノレートのデータを参考に販売個数を計算している
 
こういった理由が挙げられます。
例えば、月間で10個程しか
売れていない商品があったとします。
 
こういった商品であれば、
データの更新頻度も高くない為、
モノレートもほぼ完璧にAmazon側から
データを取得が出来ている筈です。
 
ですが、月間で100個以上売れているような、
超人気商品かつ高回転率の場合は、
ランキングの変動もその分だけ激しくなります。
 
そうなった場合、モノレートが
Amazon側の販売データを
完璧に取得する事が困難になります。

 
そして、取得元であるモノレートのデータが
正確ではないということは、
 
そのデータを元に解析、計算を行っている
モノゾンのデータも、また正確ではないということになります。
 
更に、食品の様な1回の注文で複数個が購入される
「まとめ買い」が多く発生した時も同様です。
モノレート上では「まとめ買い」
を確認することができないので、
モノゾンのデータが正確ではない
原因の1つになってきます。
 
モノゾンの数値以下の販売実績でしたら
注意すれば問題ありませんが、
 
逆にモノゾンの数字以上に
売れている場合もあります。
 
ですので、人気商品の場合は
モノゾンの数字以上に商品が売れている可能性を頭に入れておき、
販売の機会を掴めるように狙っていきましょう。

ポイント
あくまでもモノゾンは目安の数字です。過信せずに、販売個数を見極めていきましょう。

 

モノゾンについてのまとめ

今回は、モノゾンのインストール方法と
機能について紹介させて頂きました。
モノゾン時代は動作も軽い拡張機能ですので、
せどりを行っていくのであれば、
必ず導入して頂きたいツールの一つです。
 
また、新品・中古を分けて
販売実績を表示してくれますので、
把握しにくい中古品の販売個数が
すぐに分かるのも、モノゾンの優れた点です。

数字で販売個数を把握することにより、
自然と仕入れの質を上げていくことが出来ます。
 
モノゾン自体は無料の拡張機能になりますので、
まだモノゾンを使ったことがない方は、
是非今からでも導入してみて下さい。
この記事の下にあるバナーから、

「齋藤もとき」のLINE@に登録する事が出来ます。

せどりで悩んでいることや、
聞いてみたい事がありましたら、
メッセージを頂ければと思います。
頂いたメッセージには

僕から必ず返信させて頂きますので、
お気軽にご連絡下さい。

きっとあなたの力になれるはずです。
今回の記事を読んで役に立ったと思ったら
下の齋藤もときLINE@から僕に報告をください。

みなさんの利益が取れた!
という報告をお待ちしています。

齋藤もとき 公式LINE@ こちらから僕と友だちになれます!必ず返信させていただきます。公式LINE@登録はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSでしか手に入らない情報をお届け!齋藤もときSNS Follow me!
  • twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • note

齋藤 もとき
齋藤 もとき
25歳で起業後、8年後に元請け会社の倒産により、残ったのは数千万円の借金だけ。 それから数か月後、ブログで『せどりビジネス』を知り1人でスタート。 紆余曲折しながらも、開始8ヶ月で月商2,000万円を超えるほどに成長。 他スクールで同じ生徒だった人達からコンサルティングを依頼され引き受けることになる。コンサルティング実績としては、専業なら月商1億2000万円、副業なら月商1億円、主婦の方で月収300万円、副業で月収100万円越え100名以上、副業で月収50万円越え200名以上など、圧倒的な結果を最短で叩き出す日本最大EC物販コンサルティング(IBC)を運営中。

「齋藤もとき」の詳しいプロフィール

オフィシャルサイトへ

  • twitter
  • Instagram
  • facebook
  • note