【古物商の資格を取らず中古せどりをすると逮捕?】その真相や取得の方法を解説します!

2020/06/03
【古物商の資格を取らず中古せどりをすると逮捕?】その真相や取得の方法を解説します!a
齋藤 もとき

この記事を書いている人

齋藤 もとき

せどりビジネスのコンサルタント。コンサル生の中には、専業なら月商8,000万円、副業なら月商3,000万円、主婦の方で月商1,000万円など、圧倒的な数字を叩き出すまでに成長する。

> 詳しいプロフィールはこちら

どうも!齋藤もときです。

せどりを行うにあたり「古物商」というワードを聞いたことはありませんか?

古物商とは古物(中古品)を取り扱うビジネスにおいてかかせない資格のことを指します。

実際、せどりを行う上で古物商が必要な場合と不要な場合がありますが、これからせどりをビジネスとして行っていくのであれば、古物許可証は絶対に取得しておきましょう

なぜならもし、古物商を持たずにせどりを続けていると、場合によっては逮捕されてしまうケースもあるからです。

そのような事態を避けるためにもこのブログでは

古物商とはなにか
古物商を取得するメリット
古物許可証の申請方法

これらについて詳しく紹介していきます。

ポイント
古物商を取得するためには「古物許可証」という資格を取る必要があります!

古物商許可証は絶対に必要なの…?取得しないと…逮捕?

古物商許可証は絶対に必要?

冒頭でも説明したように、Amazonで中古せどりビジネスを行うならば古物商を取得しなければなりません

実際、古物商許可証がなくてもAmazonでせどりを行っていくことは出来ます。

しかし、古物商許可証なしに営業を続けていると営業法違反で逮捕されてしまう恐れがあり、もし、無許可営業が発覚した場合3年以下の懲役、又は100万以下の罰金に処せられます

このような事態を避けるためにも、Amazonで中古出品を行っていく場合は古物許可証は必ず取得しましょう。

そもそも古物商とは?

そもそも古物商とは?

【古物商とは】
古物営業法に規定される古物を業として売買または交換する業者・個人のことである。
(ウィキペディアより引用)

古物商許可証をわかりやすく例えると、車を運転するための運転免許証のようなもので、せどりは中古品を取り扱っていく場合は書類などを用意して古物商の資格を取らなければいけません。

「古物商許可証」の「古物」に該当するものとは?

「古物」に該当するものとは?

古物に該当するものは以下の13種類に分類されています。

・美術品類(絵画、彫刻、工芸品、骨董品 など)
・衣類(着物、洋服類、帽子、マフラー など)
・時計・宝飾品類(眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類 など)
・自動車(その部分品を含むもの 例:タイヤ、ワイパー など)
・自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含むもの)
・自転車類(その部分品を含むもの)
・写真機類(写真機、光学器など 例:カメラ、レンズ など)
・事務機器類(中古ビジネスフォン、レジスター、タイプライター、計算機、家庭用ゲーム機 など)
・機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具 など)
・道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、CD、DVD、おもちゃ類 など)
・皮革・ゴム製品類(カバン、靴 など)
・書籍(マンガ、雑誌 など)
・金券類(商品券、乗車券、郵便切手 など)

上記の通り、せどりで取り扱うほぼ全てのジャンルが古物に該当する商品になります。

そのため、せどりをビジネスとして行っていく上で古物商は必要不可欠なもになります

古物商を取得するメリット

古物商を取得するメリット

Amazonで中古せどりビジネスを進めていく上で、古物商を取得することは必須ですが、古物商を取得していると以下のようなメリットがあります。

・古物市場に行ける
・融資を受けやすくなる
・お店としての信頼度が上がる
・仕入れの幅が広がる
・警察に逮捕されない

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

古物市場に行ける

古物市場に行ける

古物商を持っている一番のメリットは古物市場に仕入れに行けるというところです。

古物市場とは、古物商を持っている人達が、古物の在庫品を販売するための場所通常の店舗やリサイクルショップなどで仕入れを行うよりも、圧倒的に破格の値段で様々な商品を仕入れることが出来ます

古物市場では全国各地で開催されているので仕入れに行ってみてください。

ポイント
古物市場は基本的に古物商を持っていれば参加することが出来るので、安い商品を安定して仕入れに行くことが可能です!

 

融資を受けやすくなる

融資を受けやすくなる

せどりを行う上で重要なのがどれだけ仕入れの資金を持っているかということです。

古物商を取得していると、せどりをビジネスとして認めてもらえるので、融資機関からの信頼度が上がり銀行などの融資の審査が通りやすくなります

齋藤もとき
融資を受けることで、将来的に様々なビジネスに挑戦していくことができます!

 

Amazonでセラー(ショップ)としての信頼度が上がる

Amazonでセラーとしての信頼度が上がる

古物商を取得するとお店の表記や店舗情報などに古物商許可証の番号を記載することが出来ます

古物商について詳しく知らないお客様から見ても、ただ商品を販売しているお店より許可証を持って販売しているお店のほうが信頼度が上がりやすいので、Amazonで販売していく際にライバルと差をつけることができます。

仕入れの幅が広がる

仕入れの幅が広がる

古物商を持たずに仕入れを続けると新品せどりに限定されてしまうので、仕入れ先の範囲も自然と狭くなっていきます。

しかし、古物商をもっていると仕入先を限定することなくリサイクルショップなど様々な仕入れ先で仕入れた商品を自由に商品を取り扱うことが出来るので、ビジネスの幅も大きく広がっていきます

警察に逮捕されない

警察に逮捕されない

古物商を取得することで

「無許可営業が警察に見つかったら…」

と怯えながらせどりを行わずに堂々とビジネスをしていくことが出来ます。

このような状態にならないためにもせどりを始めたらなるべく早い段階で取得しておくのがおすすめです。

古物商の申請の方法と必要書類

古物商の申請の方法と必要書類

古物商を申請するには

申請書類
添付書類
申請料19,000円

これらを用意して、古物商を取り扱っている警察署(公安委員会)へ提出する必要があります。

古物商を取得するために必要な書類は個人・法人で違いますので、自分の営業形態にあった方の資料を機関に提出してください。

個人事業主の場合

個人事業主の場合の必要書類は以下の通りです。

・古物商許可申請書一式
・誓約書
・略歴書
・住民票の写し
・身分証明書
・URLの使用権原疎明資料
・営業所の賃貸借契約書コピー

法人の場合

法人の場合の必要書類は以下の通りです。

・古物商許可申請書一式
・誓約書
・略歴書
・住民票の写し
・身分証明書
・URLの使用権原疎明資料
・営業所の賃貸借契約書コピー
・定款の写し
・履歴事項全部証明書

法人の場合の必要書類は個人事業主が必要な書類すべてに加え

定款の写し
履歴事項全部証明書

それぞれが必要になります。

古物商の申請はプロに委託するのもおすすめ!

古物商の申請はプロに委託するのもおすすめ!

上記で紹介したように、古物商の申請にはたくさの書類が必要になります。

また、申請が通るまでにおよそ40日前後の時間がかかるため、申請書類に不備があったり必要書類が全て揃っていないと更に時間がかかってしまいます。

そのため自分で申請を行うよりも、プロである行政書士に申請代行を依頼する方法が最短で資格を取得できて、おすすめです

個人で申請しようとすると1週間程度かかってしまうものも、行政書士に代行してもらうと最短で1日以内に用意して申請をしてもらうことが出来ます

行政書士に代行してもらう相場は平均して4~5万円ほどで、行政書士への依頼費用のほかに申請料19,000円が必要です。

齋藤もとき
多少コストはかかりますが、最短で申請することができ、面倒な準備をせずに効率よく簡単に申請できます!

 

ちなみに…古物に該当しない(古物商許可証が無くても販売できる)ものを解説

古物に該当しないもの

ブログでは中古商品を販売する場合、古物商許可証を必ず取得しなければいけないと解説しましたが、中古商品であっても古物商を取得しなくても売できる商品や場合があります

【古物商を取得しなくても販売できるもの】
・重量が1トンを超える機械で、容易に運搬ができない状態にあるもの
・重量が5トンを超える機械で、自走や運搬ができないもの
・総トン数が20トン以上の船舶
・航空機
・鉄道車両
・消費して無くなるもの(化粧品、薬品、サプリメント、お酒、食品など)
・原材料になるもの(空き缶類、金属原材料、古新聞など)
・再利用せずに捨てるもの(廃品、一般ごみなど)
・実体がないもの(電子チケット 例:iTunesカード、Amazonギフト券など)

また、上記に該当するものの他に以下の行為も古物には該当しません。

【古物商を取得しなくても販売できるもの】
・自分の物を売る(例:オークションやフリマで自分のものを出品)
・無料で貰ったものを販売する
・自分で海外から購入したものを国内で販売する
・自分が販売した相手から商品を買い戻す
・相手から手数料を取って引き取ったものを販売する

ポイント
この場合の「自分のもの」というのは、自分で使用していたもの、または使用するために購入した未使用のものということです。

初めから転売目的で購入した商品を販売する行為は古物商に該当するので、許可証が必要となります。注意しましょう。

齋藤もとき
フリマで自分のものを売る行為は古物商取得の必要はありません!

 

まとめ

Amazonでせどりを続けていくなら古物商は必ず取っておきましょう

今は古物商なしにせどりを行うことが出来ても、Amazonの規約が変わって古物商を持たない出品者の販売がいつ規制されるかはわかりません。

いずれにせよ古物商なしに販売を続けていく行為は違法となりますので、なるべく早い段階で古物商を取得しておくことをおすすめします。

古物商を持っているだけでメリットはたくさんありますし、ビジネスの幅も広がっていきます。

まだ取得していない方はこの機会に申請しましょう。

また、今回の記事を読んで役に立ったと思ったら、下の齋藤もときLINE@から僕に報告をください。

齋藤もとき 公式LINE@ こちらから僕と友だちになれます!必ず返信させていただきます。公式LINE@登録はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSでしか手に入らない情報をお届け!齋藤もときSNS Follow me!
  • twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • note

齋藤 もとき
齋藤 もとき
25歳で起業後、8年後に元請け会社の倒産により、残ったのは数千万円の借金だけ。 それから数か月後、ブログで『せどりビジネス』を知り1人でスタート。 紆余曲折しながらも、開始8ヶ月で月商2,000万円を超えるほどに成長。 他スクールで同じ生徒だった人達からコンサルティングを依頼され引き受けることになる。コンサルティング実績としては、専業なら月商1億2000万円、副業なら月商1億円、主婦の方で月収300万円、副業で月収100万円越え100名以上、副業で月収50万円越え200名以上など、圧倒的な結果を最短で叩き出す日本最大EC物販コンサルティング(IBC)を運営中。

「齋藤もとき」の詳しいプロフィール

オフィシャルサイトへ

  • twitter
  • Instagram
  • facebook
  • note