プロ副業育成家 齋藤 もとき

プロ副業育成家 齋藤 もとき

一億総「副業」時代に! 将来を明るく照らす ”稼ぐ力” とは

2020/07/10
未分類

現代社会に生きていると、将来に不安を感じることはたくさんあります。災害やリストラ失業などは誰もが可能性のあることです。なかでも、とくに経済的な不安は多くの人が抱えています。そこで将来の不安をクリアにするためにはやはりお金です。

ただ、本業だけで安心できるほどのお金を稼げるでしょうか。だからこそ今こそ身につけたいのが、副業で稼ぐ力です。

本業にプラスして副業でも稼げれば、将来への不安は安心へと変わります。では、どうしたら副業で稼ぐ力が身につくのか。気になる“副業で稼ぐ力”について解説します。

1.今後も不安視される日本経済の現状

昨今の感染症などによる不可抗力によって、勤めている企業が経営悪化に陥ったり、思うように働けなくなったりした人は多いのではないでしょうか。こんな経験をすると、今の働き方でいいのか、将来は安心なのかと疑心暗鬼になる人も多いと思います。

日本はこれまでも長い不況が続いてきましたが、将来不安はさらに拡大したといってもいいでしょう。

実際に過去を見ても、バブル崩壊、アジア通貨危機、官製不況、貸し渋り、失われた10年、20年、30年など、平成の時代だけでも多くの経済困難を経験してきました。

おそらく、今後も日本経済の乱高下は避けられないだろうと、わたしたちも考えています。しかも、日本は消費増税に舵を切り、今後もその方向性はどうも変わらないようです。最近では、貧困世帯が拡大しているというニュースも耳にするようになってきました。

日本の生活はこれからもきっと、厳しくなる一方でしょう

また、昭和の時代からの変化として顕著なのは終身雇用制度の崩壊です。バブル崩壊後の時代からは終身雇用制度はなくなり、誰もが失業の可能性を抱えています。

記憶に新しいのはかの大臣が発言した「老後2000万円」問題ですが、もはや年金を当てにして生活することはできない状態です。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題も目と鼻の先。社会保障費は膨れ上がる一方です。

これまでも消えた年金問題などがありましたが、社会保障の信用もままならない日本の状態。「このままで大丈夫なのか?」と、不安になるのは当然とも言えるでしょう。

以前から東京2020大会後の日本経済は憂慮されていましたが、令和になっても、経済が上向く可能性は期待できません。不況がさらに深刻になるのは、避けられないでしょう。

そんななか、「節約できる方法が知りたい」「資産を増やせないか」と、考える人が増えています。

多くの人が、自衛の姿勢を取らなければ、これからの日本では生きていけないと感じ始めている証拠です。

そう、最後に頼りになるのは自分しかいません。国も日本経済も頼りにならない今、これからは自分で稼ぐことが「安心をつくる」条件になるのです。

でも、自分の稼ぎを頼りにするしかないとは言え、どうすれば稼ぐことができるのでしょうか。そこで考えたいのが「副業」についてです

2.本業だけでは暮らせない、だから「副業」が必要

日本経済の将来不安があるなかで、頼りになるのは自分の資金や稼ぎです。

しかし、経済不安があるなか、本業での収入が格段にアップする可能性は低いといえます。経済はこれからも冷え込む可能性が高く、経済成長を見込めないためです。

その上、課税負担のみが増大していき、手元のお金が出ていくばかりになります。

「今のまま会社で働いていても、経済不安は解消されない」

これは、あなただけでなく、他の多くの人も抱いている共通認識です。

そこでどうするか。
これからは「副業」があなたの未来を保証するでしょう

現在、副業を認める企業は増えています。週3日、週4日デの出勤を認めるなど、大手企業でも副業を積極的に推進しています。すでに本業と副業とを両立させて活躍している人もいるくらいです。

しかし、副業と一口に言っても、「どんな副業」がいいのでしょうか?
自分にあった稼げる副業が、ちょうどよく見つけられるとは思えません。

そもそも週5日出勤が必要な企業に勤めていて、他社で副業をすることはできません。副業をしたいと思っても、すべての人が等しくその環境にあるかというと、そうではないはずです。

本業の合間に空いた時間で副業しようとすると、不動産や株式への投資を思い浮かべる人もいるでしょう。

しかし、収入を上げるまでになるのは難しい専門知識が必要です。また、投資する自己資金がなければスタートできず、多くの人は投資を始めることすらできません。

副業といってもハードルが高く、丁度いい副業を見つけることは至難の業です。

そこであなたには、最適な副業を選ぶためのポイントをご紹介したいと思います。

3.自己資金ゼロから! 4つの条件に当てはまる「副業」を

副業に適しているのは、以下のような4つの特徴を持つ副業のみです。

1)自己資金ゼロから始められる

まず、副業は自己資金ゼロからはじめられる、ハードルの低いものを選んでください。自己資金ゼロからでもいまスグに始められて、収益をすぐにでも得られる副業を選びます。

借金をして副業する人もいるかもしれませんが、借金返済に追われることになっては意味がありません。

最低限のリスクは必要だと思っている人もいるかも知れませんが、自己資金ゼロで始められるなら、そちらのほうがいいはずです。

なるべく借金をせずに、自己資金ゼロから始められる副業を選びましょう。

2)資格や経験実績が不要

資格が必要な副業も、始めるためには障壁となるため最適ではありません。特別な能力や経験が必要な副業もNGです。

とても堅実に思えるかもしれませんが、資格の勉強をしている間は収入がありません。また、資格を得たとしても、確実に収入を得られる保証はありません。

無駄骨になる可能性を考えても、いまスグにでも取り組めて、収入が得られる副業から始めたほうがいいでしょう。

3)スグに稼げる、収入がえられる

副業をするなら、なるべくすぐに収入となるものが望ましいです。収入が得られるのが数ヶ月、半年先になるものでは、生活が楽にならないからです。

副業の成果が見えなければ、働くモチベーションも下がってしまいます。なるべく結果がすぐにでる副業を選びましょう。

4)限られた時間で結果の出る副業を

副業は本業の合間に行う人が多いでしょう。勤める企業が副業OKとしていれば、週に2~3日、副業に時間をかけることができるかもしれません。ただし、多くの人は週5日本業をこなしながら、副業に取り組むことになります。

副業には限られた時間しかないのです。

短い時間でも大きな結果を出せるような、そんな副業を選ぶ必要があります。

さて、ここまでにご紹介した3つの特徴を踏まえると、条件に当てはまるのが「せどり」です。

せどりは、クレジットカードさえあれば始めることができるので、自己資金はゼロでもOKです。専門資格も必要ありません。

しかも、せどりは早ければ数日、数週間で収益を得ることができます。週末だけ、毎日数時間だけなど、短い時間で高額の収入が得られる副業です。

経済的に困窮している方でも、誰でもスタートすることができ、すぐに収益を得ることができる。今の生活をガラリと変えることもできるでしょう。

ここからはもっと具体的に、せどりについて解説していきましょう。

せどりは、安くものを仕入れ、それに利益をのせて販売するビジネスです。

日用品から家電まで、多種多様な商品を扱います。

商品を仕入れる際にはクレジットカードで購入するため、現金を用意する必要はありません。クレジットカードの請求日までに販売してしまえば、売上からクレジットカードの利用料金を支払うこともできます。

クレジットカードの支払いは通常、最大で60日度ですので、それまでに売れば負債を抱える心配もありません。

確実に売れるものを仕入れさえすれば在庫の心配もゼロ。Amazon FBAを利用すれば最短2週間で収入が得られるため、クレジットカードの支払いまでに間に合うというわけです。

これが、せどりが自己資金ゼロで始められる理由です。

4つの条件に当てはまるせどりは、とても優秀な副業と言っていいでしょう。

4.残業代の10倍も可能「せどり」の時給は1万円

例えば、副業の代わりに残業を増やして稼ごうと思う人もいるかも知れません。

しかし、実は日本の残業代の平均が時給1180円程度。これはDODA運営の「キャリアコンパス」の調査によって明らかになった数字ですが、残業代はアルバイトの時給とそれほど大きく変わりません

時給1,000円として10万円を稼ごうとすると、一月に100時間もの時間を費やさなければいけない計算です。本業にプラスして100時間も働くのは、ほとんど不可能と言ってもいいでしょう。1ヶ月100時間も残業をすれば、それは労働法違反にもあたる残業量です。

ここでお伝えしたいのが、せどりなら、時給を1万円にすることもできるということ。

月の労働時間がたった10時間でも10万円が稼げる可能性があります。とても効率的です。副業のために身体を壊してしまう危険性もありません。

初めてでも残業代の10倍もの収入が得られるようになる。しかも、週末数時間の働き方でも稼げる。こんな副業はせどり以外には見つけられないでしょう。

実際、せどりを始めてたった60日間でも、10万円、30万円と収益をあげている人がいます。未経験の人でもきちんと収入が得られるのです。

誰でも自己資金ゼロで、かんたんに始められる。すぐに収益が上がるなど、魅力がいっぱいのせどり。実はそれ以外にも、せどりには多くのおすすめポイントがあります。

5.せどりなら「家から一歩も出ずに」稼げる

最近では、災害や感染症など、さまざまな社会の状況変化により、家にいたまま稼ぐスタイルに注目が集まるようになっています。

営業や店舗販売などをしている人は、この社会状況下に自分の職への不安を感じた人が多いことでしょう。

その点、せどりなら、ネット環境さえあれば自宅にいても稼ぎ出すことができるので、さまざまな社会状況の変化に影響されることがありません。

お客さんと対面することもないので、感染症などのリスクなどもしっかり回避できますね。

副業でせどりをしていれば、在宅でも変わらず利益があがるので、収入がゼロになる心配もありません。本業での収入が不安定になった、またはゼロになったという人も、せどりの副業があればなんとか安心して暮らせます。

せどりの良さは場所を選ばないことですので、どこに暮らしていても行えます。地方にいても、大都会の真ん中でも、変わらずに稼げるのが魅力です。

ネットがあればできるので、通勤時間も必要ありません。日々の時間を有意義に使うことができるでしょう。

せどりは、暮らす場所も、働く時間も、あなたの自由です。何かに縛られる窮屈さから、あなたを自由にしてくれる働き方と言ってもいいでしょう。

6.楽しく稼げる「せどり」好きなことだけでOK

せどりは、好きなこと、得意なことだけに集中してれば、苦手なことは避けていても稼ぐことができます。

稼ぐためには我慢が必要だと思う人もいるかもしれませんが、それでは長期的に続けることはできません。長期的に実践できなければ、将来に渡って収入を得ることはできないでしょう。

つまり、安心の未来は手に入らないということです。

せどりは好きな方法、得意なやり方を実践するだけでも、十分な収入を得ることができます

例えば、パソコンが得意な方には、それを活かした仕入れ方、販売方法などを共有。その独自性を生かして収益アップを測ります。

逆に、パソコンが苦手な方なら、店舗仕入れをメインにするなど、極力苦手を避けて稼ぐことができるのです。

これまで我慢をしながら副業をしてきたなら、その我慢からあなたを開放してくれるのがせどりです。

7.苦しい生活、将来の不安からも開放されるせどり

本業で一定の収入を得ている人ですら、今の生活が苦しいという人は少なくありません。

しかし、そんな人でも、今の生活に30万円がプラスされると、生活がグッと楽になります。本当にやりたかったことにも取り組めるようになり、時間と心に余裕が生まれるのです。

例えば、プラス30万円があれば、家の掃除はすべて清掃業者に依頼することができます。
借金やローンの返済もサクサクと終わるでしょう。

仕事と家事におわれることなく、子どもとの時間を増やすことも可能です。週末にはゆったりとレジャーを楽しむことができるので、人生が一段と豊かになります

将来のための子供の学費、老後資金をきちんと貯めていけるので、不安から開放され、将来への安心感が高まるでしょう。

あなたの生活にもあと30万円があれば、こんなふうに生活が変わるのです。

このプラス30万円を得ることができるのが「せどり」です。

限られた時間でも稼げるため、本業にプラスして働いても、家族との時間を奪うこともありません

8.あなたに自由をくれる副業「せどり」

あらゆる社会不安、将来不安から開放してくれるのがせどり副業の魅力です。

今回ご紹介した内容を見比べてみても、せどりなら自己資金ゼロ、専門資格もいらず、今からでも始められて、短時間の労働でも収益が得られます。

スタートのハードルが低いせどりは、これからの日本の暗黒時代を乗り越え、将来を明るくしてくれる救いの一手。

今のうちからはじめれば、あなたの将来を必ずや明るく照らしてくれるはずです。